top of page

愛は時間を注ぐこと〜抱きしめておくりたい柴田久美子の日めくりカレンダーより〜



今日は

看取りステーション

「千咲土」に寄せられた

ご相談に

お応えしたいと思います


ただ今

看取り士養成講座がお得に受講頂けます

ご興味のある方は

是非、東京研修所のHPでご確認ください


さて、今日は

看取りステーション「千咲土」を 前から応援してくださっている

地域の方から、次のようなメッセージが

早朝、届きました。


ちょうど今日の朝は

9時から予定が入っていたので

早起きして良かったぁー。


メッセージへの返信をしてから

家を出ることができました。

 

↓↓頂きました

メッセージの内容はこちら


ご相談なのですが みとりしさんの ボランティアってあったと思うんですが 故人への想いを共有するボランティアって 内容の支援?ってしていますでしょうか? 実はうちの団地の方が おかぁさまが亡くなって

悲哀の感情がお強い様です


S様ご相談ありがとうございました。


お応え致しますと

看取り士会のボランティアは、

看取り支援のご契約を頂くことで

ご利用頂けるサポートとなります。 ボランティのみのご利用は 残念ながら、承る事はできません。 ボランティアチームをご利用頂くには まずは、ご契約が必要と言うことになります


ですが ステーションが開催している

「みとりの相談室」へのご案内を 提案させて頂きました。



「みとりの相談室」は これから

ご自宅で最期を迎えるための準備の相談から

旅立たれて、 何年も経つけれど

気持ちの整理がつかないetc

看取りを通した全般的なことでお悩みの方の ご相談を承っておりますので ぜひ、

ご活用下さい。と


また、

有料での対応となりますが グリーフケアで 看取り士を活用して頂く事も可能です。 他の方がいない、自分だけの環境で

ゆっくりと時間を設けて欲しいという

希望に お答えしております。

ここで、 少しボランティアエンゼルチームについて お話したいのですが

私ども認定看取り士と一緒に活動している 無償見守りボランティア エンゼルチームを取りまとめるお役目は

ご契約頂いた

看取りステーションが責任持って

行なっています。


ボランティアのみご利用頂くと言うことが

今の段階ではできませんが いずれ、認定看取り士の数が増え ボランティアさんの数も増えた時に 対応できる様になっているかもしれないです。 (頑張りますねっ)



無償見守りボランティアチームは


看取り士と一緒に活動したいと

ご希望頂いた一般の方にも

ご登録頂いています。


お看取りの場面は

とてもセンシティブな場面であり

私たちの寄り添いのボランティアには

ある意味、鍛錬が必要な部分があるため


その方々とは

定期的に勉強会を開催して

寄り添う力をまずは共に学んでいっています。 実際にご契約者様のご厚意により 当時高校生だった方が ボランティアについて下さった事もありました。 (その後、

看取り士さんになってくださっています)

看取り学でもご紹介していますが


私たちが大切にしている寄り添う力とは

「受け入れる事、理解する事、耐える事」 けっして、励ますのではなく 自分も共にそれを担う事を心がけています。


無償見守りボランティアチームのメンバーには

ステーションに登録してくれている

認定看取り士の仲間達も

登録してくださっています。

お仕事を持っていて 報酬をもらう事が出来ないと言う方もいたり

看取りの経験がないので

ボランティアから経験を積ませてくださいと

おっしゃってくださる方もいて

その方々にも率先して

現場でボランティア活動をして頂いています。


ちなみに

現場で活躍したいとおっしゃる

認定看取り士さんで

国家資格をお持ちでない場合は

90時間のボランティアの経験を

積んでもらっています。

次のブログでは 実際にボランティアとして 現場で3時間ずつ寄り添いを経験した方々の 感想を皆さんにご紹介させて頂きますね。 この後も素敵な夜をお過ごし下さい。

※※※※ ※※※※ ※※※※ ※※※※ ※※※※ 看取りステーション「千咲土」 東京都町田市南大谷1329-283 📞080 7470 4878 メールアドレス mitorishimachida@gmail.com ※※※※ ※※※※ ※※※※ ※※※※ ※※※※ 《サテライトステーション》 ◎看取りステーション福島 ※看取りステーションすかがわ ※看取りステーション仙台「こはるびより」 ◎看取りステーション横浜「あおぞら」 ◎看取りステーション多摩 ◎看取りステーション千葉「心」 ◎看取りステーション江東「ひかり」

Comments


bottom of page